生理前におけるおりものの変化

おりものは女性の身体にとってとても重要な役割をしています。まず、大きな役割として自浄作用があります。これは様々な細菌が膣を通して身体に入ってくるのを防ぎます。細菌が膣内に入ってしまったらおりものの臭いや色、質感が変化します。このようにして、異常がある場合はおりものが自分自身に教えてくれるのです。

 

もう一つ大きな役割として、排卵期に受精の手助けをしてくれます。妊娠に欠かせないものとなっています。また、おりものには周期があります。妊娠しやすい排卵期には受精の手助けをする為に多くなります。その後徐々に少なくなっていき、生理前に再び増加します。妊娠しても増加しますが、生理前も同様に増加するので、妊娠したかしてないかはおりものの変化だけでは分かりません。生理前や妊娠した場合、増加するのでにおいも気になるでしょう。

 

そういう時はおりものシートをパンツに敷き、吸収させにおいも多少は抑えることができます。勿論、こまめに変えることが重要です。こまめに変えないとにおいも気になりますし、かゆみが出たりします。それではどのようなおりものが出ると危険なのでしょうか。まず、黄色の場合はクラミジア感染症や淋病などが考えられます。

 

ただし、正常である透明や白色のものも時間が経過すると酸化して黄色に変化することがあります。見極めが重要になってきます。次に緑色、黄緑色の場合は、黄色の場合と同様に、クラミジア感染症や淋病だったり、あるいは非特異性膣炎ということも考えられます。次に、ピンク色や茶色の場合ですが、こちらは血が混ざっていることを指します。

 

子宮頸がん、子宮体がんの可能性も否定できませんし、萎縮性膣炎も考えられます。萎縮性膣炎というのは女性ホルモンの分泌低下が原因です。このようになると膣内が乾燥し傷つきやすくなり、性病にもかかりやすくなってしまいます。このようにおりものは女性の身体のバロメーターです。わずらわしい思いもするかもしれませんが、しっかりと向き合っていきたいものです。