生理周期が乱れる原因について

生理周期が乱れる原因については、様々なものが考えられます。女性の体はデリケートですから、加齢やストレス、運動のしすぎなど様々なものによって生理周期が乱れてしまいます。余計な肉がついていると気になりますが、過激なダイエットなども生理周期が乱れる原因になります。太りすぎもやせすぎもよくありません。

 

肥満になると女性ホルモンが過剰分泌され、卵子が排出されなくなってしまうことがあります。やせすぎの場合には、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことによって生理が止まってしまうことがあります。適性な体重をキープすることが大切です。適度が大切なので、運動のしすぎで体脂肪が減り過ぎてしまうと生理が止まってしまうこともあります。

 

過度なストレスも生理周期に影響します。過度なストレスを溜めてしまうと生理周期の乱れが起きたり、生理が止まってしまうことがあります。ストレスはなるべくためないようにして適度に発散するように心掛けましょう。忙しいと生活が不規則になることもありますのが、不規則な生活も生理の周期を乱れさせる原因になります。規則正しい生活のほうが健康にもよいですから、なるべく規則正しい生活に切り替えるようにしましょう。体のひえも生理の周期を乱す原因になります。体が冷えてしまうと血行が悪くなり、自律神経にも影響が出てきます。そうなると体内のバランスが崩れてきて、女性ホルモンにも影響が出てしまうからです。

 

加齢も生理周期が乱れる原因となります。更年期を迎えると閉経が近くなり、いずれ生理はなくなります。まだ若いと思っていても、30代後半から40代にかけてはプレ更年期に入って生理の周期が乱れてしまうことがあります。あまりに早いときには病院で治療を受けることが必要ですが、そうでないときには受け入れるということも大切です。ストレスはよくありませんので、あまり気にしないようにしましょう。

 

薬を服用されている方は、薬の副作用も考えられます。ホルモン分泌に影響のある薬がないか、服用している薬についてもチェックしておきましょう。