命の母ホワイトは生理不順や生理前のイライラなどに効果あり

命の母は女性の体の不調に効果を発揮するお薬です。命の母には、Aとホワイトという種類があります。命の母Aは40〜50代の女性の方にためにつくられ、おもに更年期障害の改善を目的としています。更年期障害とは生理がなくなる50代頃からみられる症状で、ほてったり顔がのぼせる、急に汗をかく、またイライラするなどがあります。これらはホルモンが原因といわれています。加齢により女性ホルモンの量が減ることで、自律神経に影響を与えてしまうのです。閉経するとさらに女性ホルモンが減ってしまうので50代頃から症状があらわれやすいのです。

 

一方命の母ホワイトは20〜40代の女性の方用で、生理に関するさまざまな不快症状をやわらげるためにつくられました。生理前になるとイライラしてしまう、気分が落ち込んでしまう、生理が始まるとお腹や頭が痛くなってつらい、また生理不順や冷えといった症状がある人がいます。これらの症状もホルモンバランスの乱れが原因といわれています。生理前というのは女性ホルモンの量が急激に変化する時期なのです。またホルモンバランスが乱れることが生理不順にもつながるのです。また漢方医学によるとさまざまな生理に関するトラブルは「水」「血」「気」のバランスが変化することによって起こるといわれています。

 

命の母ホワイトは、その「水」「血」「気」に着目してつくられたお薬なのです。

 

まず「水」に関するものでは、ソウジュツ、ブクリョウ、タクシャという漢方薬です。これらは利尿効果を発揮し、めまいや体がだるいといった症状を改善します。また体内の「血」が滞ることで生理不順や生理痛、イライラなどの症状が起こるとされているため、血行を促す生薬も配合されています。ボタンピ、トウニンにダイオウ、センキュウなどです。そのほかにもシャクヤクやトウキといった補血薬も入っています。「気」に関する薬はケイヒというもので、気の流れをよくして気分が沈んだりめまいなどを改善します。また「気」を補う補気薬としてニンジンも配合されています。