生理前の肌荒れを予防する

生理前になるとニキビや吹き出物などの肌荒れに悩む女性が増えます。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、28日周期で分泌量が変化します。生理前の一週間は黄体ホルモンの分泌が非常に多くなり、肌が脂っぽくなるので吹き出物が出やすくなります。

 

また紫外線にも過敏に反応するため、シミやソバカスも作られます。生理前の肌荒れは、普段の生活を改善することで防げます。まず脂っこい食べ物は控えます。生理前には皮脂の分泌量が増えるので、さらに脂っこい食べ物を食べると皮脂の分泌量が盛んになって、ニキビができます。

 

バターや肉の脂身など動物性の油、スナック菓子やチョコレートは肌荒れの原因です。しかし肉やお菓子を全く食べないことで、ストレスを感じると美容や健康に悪影響を与えます。肉を食べ過ぎた日は、いつもより多めに野菜も進んで食べます。人参やかぼちゃ、ほうれん草などに含まれるビタミンAやビタミンCは肌のターンオーバーを整えてハリやツヤを与えます。次にホルモンバランスを整えるために大豆製品を食べます。大豆に含まれるイソフラボンは、肌や髪の毛にツヤを出す働きを持っています。

 

さらに規則正しい生活を送ります。肌の健康は睡眠に大きく左右されます。夜の10時〜2時にかけては肌のターンオーバーが促進される時間帯なので、それまでに就寝します。不眠がちになっている人は、運動不足の恐れがあります。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動は、気分をリフレッシュさせてストレスを解消します。また運動をすると汗が流れるので、新陳代謝が活発になって老廃物が排出されます。

 

そして生理前は肌がデリケートなので、シェービングやスクラブなどのスキンけは避けます。新しい化粧品を使い始めるのは時期をずらした方が良いです。普段使用している化粧品も、できるだけ低刺激のものに変えます。洗顔は1日2回で十分ですが、優しく丁寧に洗うのがポイントです。