生理前症候群の症状を和らげる効果的な方法

生理前症候群の腹痛、イライラ、不快感といった症状を経験したことがある人は多いでしょう。その中でも特に怖いのは腹痛で、問題がなければ本来は無痛で生理を迎えることができるはずです。会社や学校を休まなければいけないほどの痛みがある人は子宮内膜症などの恐れもあるので、早めに婦人科を受診しましょう。ただ、婦人科で生理前症候群と診断されないまでも先述したような症状に悩まされいる女性は多いはずです。

 

いずれにしろ症状がひどい場合は婦人科の診断が必要になり、処方される薬によって症状を和らげることができます。生理前症候群は、最近になって病気として認識され始めたものですが、効果の認められている薬は多くあります。

 

もし、婦人科系の薬をもらうのは、副作用が気になるという人は、漢方薬での治療を検討してみましょう。生理前症候群を和らげる効能が認められているものも多くあります。漢方薬の場合は、副作用が少なく長期で体質改善を目指すことで症状を和らげることができます。人によっては服用ごすぐに効き目が感じられる人もいます。ただ、漢方薬は相性がとても重要で、自分に合ったものを見つけることが大切です。いろいろな薬を生理のたびに試して、もっとも効き目があると感じられるものを長期服用しましょう。

 

西洋薬との併用をしても問題がないものがほとんどですが、痛みが強い場合に使用する薬は事前に医師と相談しておきましょう。ただ、市販の痛み止めなどで痛みを抑え続けるようなことをしていると、重篤な病気の見逃しにも繋がることとなりますので、注意が必要です。

 

漢方の場合、どう病院を選べばいいかわからない人は、東洋医学の病院、または、漢方薬局と提携しているところを探すことになります。先に漢方薬局を探して、処方箋を受けている病院を教えてもらうのもいいです。ただ、注意しておきたいのは、漢方薬局の見分け方です。漢方薬局と称して、薬剤師資格の必要ない民間療法レベルの薬草茶などを販売している漢方薬局があります。

 

病院の指定薬局であれば信頼性が高いことはもちろんのこと、漢方薬の認定薬剤師がいるようなところであれば安心して診療を受けてまず間違いありません。